スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大澤辰男 in KIAF2011
2011年10月24日 (月) | 編集
下記の日程で開催された
KIAF2011 Korea International Art Fairが終了しました。
9月22日(木)~9月26日(月)
公式サイト:http://kiaf.org/index.html


我らの大澤辰男作品も韓国のギャラリーから出品されました。
ブースサイズの関係で小品にとどまりましたが、中々の評判だったとか。

日本の情緒や工芸感覚を含みながら、
アジア的オーラと、何故か北欧デザイン要素もある大澤作品。

ますますの活躍が期待されます。

作家から会場風景が届いていたので、少しご披露致します。



DSC00367_convert_20111010151136.jpg

DSC00254_convert_20111010152529.jpg

DSC00253_convert_20111010151001.jpg

SSL28244_convert_20111010151230.jpg
Face to Face : Hildegard Spielhofer x 東亭 順
2011年10月14日 (金) | 編集
2009年7月よりスイス/バーゼルを拠点に制作活動をしている東亭順。
独特の空気感を作品に吹き込む作家。

何度か「アートナビゲーション」でも掲載してきました。
以下、東京で3年ぶりになる個展のご紹介です。





東京銀座/奥野ビル5階に入居している APS、ギャラリーカメリア、
PLATFORM STUDIOの3会場にて、
スイス/バーゼルで活動をするヒルデガード・シュピールホファー と
東亭順 による Face to Face 展を開催いたします。

Face to Face : Hildegard Spielhofer x 東亭 順

日時 : 10月7日(金) - 10月22日(土) 13:00 - 19:00

東亭 順 / a piece of space APS - 奥野ビル 511号
www.a-piece-of-space.com (企画:南平妙子)
ヒルデガード・シュピールホファー /
ギャラリーカメリア - 奥野ビル 502号
camellia-planning.com (企画:原田直子)


Hildegard Spielhofer x 東亭 順 / PLATFORM STUDIO - 奥野ビル 515号
日時 : 10月17日(月) - 10月22日(土) (会期にご注意ください)

連絡先:104-0061 東京都中央区銀座奥野ビル 502,511,512号室
tel : 03-3562-1863 (原田直子)

後援 スイス大使館
協賛 住友スリーエム 3M
プロジェクト企画 原田直子
5画廊の同時開催展 「花・華・はな : Flowers」
2011年10月11日 (火) | 編集
ギャラリーゼロから届いた、松本光弘展のご案内です。


 5画廊の同時開催展 「花・華・はな : Flowers」


  松本光弘 「APPLE BOMB !! 」
  Matsumoto Mitsuhiro  New Paintings
  
  9月26日(月) - 10月15日(土)
  September 26 (Mon.) - October 15 (Sat.)




  その他の開催

  集画堂 「花卉 展」  9.26 - 10.7

  香川画廊 「武田史子・花 展」  9.26 - 10.7

  ギャラリー新居 大阪本店 
  「花・華・はな : Flowers」 Group Show」9.26 - 10.15
  東松照明・渡部裕二・野口琢郎・谷川夏樹・杉山智佳子

  Yoshimi Arts 上出長右衛門窯 上出惠悟 「幽谷」 9.26 - 10.16

  

GALLERY ZERO ギャラリーゼロ
〒550-0003 大阪市西区京町堀1-17-8 京ビル4F
開廊時間(Opening hours)
月(Mon.)- 土(Sat.) 12:00 - 18:00
日・祝日休廊  Closed on Sun. and Holidays
TEL/FAX 06-6448-3167       




G.ZERO information
うららかな不安
2011年10月10日 (月) | 編集
六本木で10月15日(土)まで
およそ3年ぶりとなる奥田文子展のご案内が届きましたので
ご紹介致します。

少しずつ確実に変化しつづける作家。
樹々をモチーフにしながらも、人の内面を見詰めている。
うららかな風景でありながら、
静寂に不安要素も感じられる不思議な作品。

お近くの方は是非ご高覧下さいませ。



okuda_dm.jpg


GALLERY MoMo 六本木|奥田文子展


■GALLERY MoMo Roppongi

展覧会名 : 奥田文子展
会  期 : 2011年9月24日(土)-10月15日(土)
      火-土 12:00 - 19:00 日曜・月曜・祝日休み 
会 場 : ギャラリーモモ 六本木
〒106-0032 東京都港区六本木6-2-6 サンビル第三 2階
TEL / FAX 03-3405-4339



■Current Exhibition

GALLERY MoMo Ropongi

Ayako Okuda
September 24 - October 15, 2011
Reception for the Artist :September 24 Sat. 18:00-20:00
http://www.gallery-momo.com/GALLERY_MoMo/english/current-roppongi-e.html


ゴッホの夜空
2011年08月22日 (月) | 編集
実は、ゴッホの作品の中でも特に夜の絵が好きだ。

光を求めている気持ちが痛々しいが、人の視線から逃れられている
安心感もみてとれる。



『ゴッホが描いた星空』と題した展覧会をご紹介致します。

珍しくプラネタリウムでの展覧会。
本物の作品を人に揉まれながら見るより面白いかも(笑)


夏休みの最後にでも、親子でどうでしょうか。


『このプラネタリウムでは、ゴッホが書き綴った膨大な書簡の中から
星に関する記述を読み取り、ゴッホが描いた星空の絵を
紹介していきます。

画家として有名なゴッホは、暗く重いイメージを持たれがちですが
そのイメージを覆すような世界が再現されます。

絵を描き続けたゴッホが空へ向ける想いは、
まるで宇宙を連想させるかのように深く書簡に綴られ、
それは宇宙のように果てしなく星空へ広がります。

空に描かれた黄色い大きな太陽には、
どのような意味が込められているのでしょうか。

夜空に輝く星ぼしを色とりどりに描いたゴッホは、
どんな気持ちでいたのでしょうか。

ゴッホの星空の世界へ皆さまをご案内いたします。』



投影期間
11月27日(日)まで


大阪市立科学館






Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。