スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
鶴の時間
2012年05月07日 (月) | 編集
鶴は、その姿の美しさと長寿の縁起物として
古美術品でも大活躍してきた。

千羽鶴として祈りを白い羽に集め、
物語の中では女の姿で恩を返そうとする。



同じ鶴を翼に載せた飛行機なぞない時代では
空は鳥たちの世界。

悠々と天を舞う鶴を
人はうっとりと眺めていた事だろう。


美しいモノを写しとりたい欲求は人間の業。

という訳で、数知れない鶴のモノは残った。


とても長い時間を私達と共にいてくれている。




NEC_0132-1.jpg



金製鶴前金具
幕末頃
幅3.5cm
自立斎銘
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。