スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
妖しい光に立つ男
2011年06月30日 (木) | 編集
art navigation vol.96




「妖しい光に立つ男」は、作家本人です(笑)


残念ながら6月18日で終了しておりますが、
東京のギャラリー現での展示風景です。



クラッシックの名曲の楽譜から、
不思議と心地よいイメージを紡ぎだす作品で知られる
岩澤有徑。


最近は電気による光を採用して、制作しているようです。

絵画、映像、電飾とメディアは様々ですが、
いつもながらの作品の完成度の高さには定評があります。




今回の作品は、宇宙的な妄想を呼び起こす、
妖しくも美しい作品。

作家本人もエイリアンに見えますね(笑)


作家によってコントロールされた光のイメージは、
無菌的で、何かの暗号や信号にも思えます。


白色の為、感情的なメッセージを想定出来ず、
ただ見入ってしまう…。


美しすぎる、電気の抽象絵画です。



ちなみに作家は近日に、もう次の展覧会でハンガリーにUFO、、いや飛行機で向かうそうです。




img688_convert_20110629171115.jpg


20110608_0389+??????????????????????????????_convert_20110629162735

今回のお話の作品
(作家名)岩澤有徑
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。