スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
共に息づく建物
2011年04月28日 (木) | 編集
art navigation vol.90



普段あたりまえに眺めていた建物が突然無くなると、
こんなにも力が抜けてしまうのか、と
被災地の惨状を見て思う。



特に意味を持たなかった近所の雑多な建物風景も、
人に馴染み、
一緒に時間を共有していたわけだ。


味気ない四角形のマンションやビルたちも、
気のせいか息づいて見える。




今回はそんな建物を制作のメインモチーフにしている作家。



平面的な描き方とモチーフの立体の建物が対照的だ。


全体の色彩設計は、曖昧な色を選んでいて、
意味を持たせないように気を配ってある。


情緒的な気持ちの揺れが起こらないようにしているみたいだ。



あえてドライに描いている。


しかし、作家は分かっているのかもしれない。


そんな建物が如何に私達と共に在ることを。




057. Life space(電信柱)

078. Link(ナフサタンク?)

080. Link(雪と体育館?)

087.  Link(銀座にて…?)


今回のお話の作品
(作家名)近藤浩平
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。