スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
タンポポそのもの
2011年07月07日 (木) | 編集
art navigation vol.97




101. Link→flower



少し拙い感性の花。

でも、それが魅力的だ。

美し過ぎたり、色気があり過ぎたりするより、
よっぽど「花」だ。



想像だが、短時間に、考え過ぎずに描いた気がする(笑)


青臭さの残る感性の為せる技だ。
もちろんほめております、はい。



偶然に道端で出会ったタンポポは、
いつも私達を和ませてくれる。

アスファルトの隙間から花が咲いていたりして
可愛いだけじゃなく、とってもたくましい。

綿毛の種姿も、ひょうきんだし、素敵だ。


愛らしく無鉄砲で前向き。



つまり、この作品はタンポポそのものを描いている。



102. Link→flower

今回のお話の作品
(作家名)近藤浩平
Comment
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
Trackback
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。