スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ニッポンの十八番
2011年11月28日 (月) | 編集


日本人は「見立て」が得意だ。

何かに見立てて何かを表現する。
これは、芸術の最初の第一歩に近いのではないだろうか。

洞窟の中で壁面を前に、凸凹を観察し、ちょうどいい具合の
盛り上がりを利用して、獲物動物の体を描いたみたいに。


そんなルーツを経て、偶然出来た現象も見逃さないのが、
日本人のエライ遺伝子だ(笑)

壺や茶碗などに偶然出来た「景色」を
山や空なんかに例えて銘を付け、楽しむのも十八番だ。

その感性には、失敗も成功もなく、あるがままを受け入れる、
おおらかさがある。



写真の猪口も、その一つ。

伊万里の蕎麦猪口の製作過程で
染付呉須が月と虫のように付着して出来たもの。




江戸中期
直径7.3cm
スポンサーサイト
東亭順の遠い展覧会
2011年11月25日 (金) | 編集
『アートナビゲーション』でも何度かご紹介してきた
東亭順。



作品に対する空間アプローチがいつも絶妙。

作品展示されたホワイトキューブには、頬をなでる微風が
感じられます。


展覧会のお知らせですが、「お近くの方は…」と言いづらい、
スイスのバーゼル。(笑)

遠く離れた地で活動しています。


日本のDNAと作家ならではのユニークさを発揮して、
活躍を期待しております。



展覧会 : 5 / GO

会場 : Bollag Projektraum, G?rtnerstrasse 50, Basel

会期 : 11月24 - 12月2日 16:00 - 19:30
参加作家 : Remo Hobi, Hildegard Spielhofer, Tina Z’Rotz, 東亭順



---------------

Sehr gerne m?chte ich EUCH einladen zur Er?ffnung der Ausstellung


5 / GO
mit Jun Azumatei, Remo Hobi, Hildegard Spielhofer, Tina Z’Rotz

am 19. November 2011, 18 - 21 Uhr,
im Bollag Projektraum, G?rtnerstrasse 50, Basel


***
24. November - 2. Dezember 2011
?ffnungszeiten: Donnerstag, Freitag und Samstag, 16 - 19:30 Uhr
oder nach Vereinbarung 079 651 83 45


***
Spezial 1
Filmvorf?hrungen am 24. und 25. November und 1. und 2. Dezember jeweils um 19:30 Uhr.
Jeder K?nstler hat einen japanischen Film ausgew?hlt, den wir als Surprise zeigen.


Spezial 2
Zur Ausstellung erscheint eine Publikation mit einem Text von Christiane Rekarde, Berlin
und Bildbeitr?gen der beteiligten K?nstler/innen Jun Azumatei (JP), Remo Hobi (CH), Hildegard Spielhofer (CH) und Tina Z’Rotz (CH).
Grafische Gestaltung Nao Azumatei.

革の風景
2011年11月11日 (金) | 編集
ずいぶん前に一目惚れして以来、
見守り応援している才木寛之。

独特の世界観を持ち、
拘りとユーモアが交差する引力抜群の作品。


「革」という素材で、不思議な静物を表現してきたが、
今回ご紹介する展覧会では「風景」を表す。


生理的感覚を刺激し続け、才木ならではの触覚的作品。


ぜひご高覧くださいませ。



才木寛之展
「LANDSCAPE」

11月3日(木)~11月21日(月)
12:00-20:00 最終日17:00まで
火・水休廊

GLAN FABRIQUE
茨木市駅前1ー8ー28 1f
072ー621ー6953




img691_convert_20111108161341.jpg
ワタシの中の兎
2011年11月07日 (月) | 編集
もしあなたが、恋をしているなら、
待ちこがれ、せつない想いをどうすることも出来ずに
戸惑う兎のように見えるだろう。


もしあなたが、酷い言葉を思いもよらず吐いてしまい
修復出来ずにいる家族がいるなら
故郷を想う兎に見えるかもしれない。


もしあなたが、たった一人でも本当の友がいて、
その友が孤独な戦いに疲れていて、何もしてあげれないなら
月に願う兎に見えるだろう。




まれに「作品」として観る前に、
作品世界に引き込まれてしまうことがある。

小難しい言葉で考え始める間もなく、魅了される。

その瞬間、作品と自分の濃密な世界に入り込み、
「ワタシのモノ」となる。



彼の作品は殆どの場合、
ただそこに動物の形が静かに表されているだけなのに
作品から放たれる純度の高い「想い」を感じて、
胸が詰まりそうになる。

その後決まって解放された気分にしてくれる。



……アートって、自由だ。



虹13

虹14



作家 配島伸彦 (配には草冠が付きます)
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。