スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
坂井淑恵展
2011年02月28日 (月) | 編集
ご近所で
古くからの付き合いがあるギャラリーのご紹介です。


小さいながら企画画廊として、
質の高い作家の展覧会を続けています。


今回の坂井淑恵さんは、
新しい具象画の可能性を切り開いた作家達の代表格でした。


大阪の方はぜひ、立ち寄ってみてください。



一癖ある面白い男性(ギャラリー経営者)と、
坂井さんの素敵な作品に出会えます(笑)




GALLERY ZERO

550-0003 大阪市西区京町堀1-17-8 京ビル4F

TEL・FAX : 06-6448-3167



SAKAI-ZERO+Postcard+1_convert_20110225130016.jpg
SAKAI-ZERO+Postcard+2_convert_20110225130157.jpg
スポンサーサイト
ニューヨーク戦
2011年02月26日 (土) | 編集
『PUZZLE PROJECT』でご紹介した、
アーティストでバーの主人でもある友人が、
今度はチームジャパンを率いて
ニューヨークに行きました!


まったく彼の行動力には感服します。

現地での反応が楽しみです。



ニッポン! チャチャチャ!





『Japan Artist Show』


ARTeCERO, NY, 2011
(アルテセロ ニューヨーク展)

会期:2011年3月1日~6日

オープニングパーティー 3/1(火) 17:00~

会場:Ouchi Gallery

170 Tillary Street Suite 507 Brooklyn, NY 11201

www.ouchigallery.com

Opening Hours: Tuesday 7-10pm
Wednesday - Sunday 12-6pm

* Appointments only on Wed by email by Tues.


アーティスト:
稲葉高志、岡本知之、恩田 武史、香山洋一、佐藤亜有子、
椎木かなえ、塩谷宗広、東清亜紀、中井拓哉+國分啓司、
ナカモト トモユキ、長峰さくら、平野早依子、堀本育美、菩須彦、miwa ichiko、森田武男

全てを棄てた鳥
2011年02月25日 (金) | 編集
art navigation vol.82



物言わず、思いも出さず、動かない。

まるで標本のように…


ただただ在るのみ。


しかし、在ることに静なる喜びを感じる。



小鳥は美しい羽があり、
愛らしい歌声があり、
憎めない行動をする。


その全てをあっさりと取り去り、最低限のフォルムだ。


しかも鳥の表現で一番少ないであろう視点だ。




美しさも愛らしさも歌声も棄てた、鳥。


それでいて、在ることが嬉しい。

そばに在ってほしい。

そこでじっとしていてほしい。



何かしら、生理的な感覚かもしれない…。



何も思い出さず、
何の言葉も浮かばず、
感情も湖面のように静かになれる。

あ……微かに切ない気がする。




優れた作品だけがもたらしてくれる体験だ。




parakeet-a_convert_20110131182031.jpg

今回のお話の作品
(作家名)河野ふみ
マカロンになった松
2011年02月22日 (火) | 編集
art navigation vol.81



ちょっと日本美術がお好きな方ならお分かりになると思いますが、
日本人は、松という木が好きです。


その力強い存在感や生命力、枝振りの見事さから、
権力者からも好まれていました。



慶事で、松竹梅と言って喜ばれるしね。

元々は順位はなかったらしいです。




素晴らしい木である事は分かっているけど、
実際の松は針のような葉だし、
日本画は別として、
現代的な「絵」としては難しいモチーフでした。


やはり水墨画や襖絵が似合う木だったし。



そんな松ですが、
現代にマッチさせ、洋空間にも合い、
愛らしさもプラスした作品に仕上げている作家がいます。



荒々しい松ではなく、
永く愛されてきた木であることと、
どっしりでっぷりした存在であることを
ユーモラスに描いています。




img655_convert_20110211183315.jpg


こんな松なら、マンションの部屋にも飾って楽しめますね。


松はマカロンにもなれるんですね(笑)


img656_convert_20110211183347.jpg

今回のお話の作品
(作家名)Kokin
音楽室=板橋区立美術館
2011年02月19日 (土) | 編集
このブログでも何度もご紹介している
配島伸彦(配には草冠が付きます)企画コーディネイトの
フンフンルンルン楽しそうなお知らせが届きました。



板橋区立美術館の
『発信//板橋//2011 けしきをいきる』の関連イベントです。


『音楽室』

3月13日(日)14時~16時半


出演

青木隼人
ギター演奏を中心に、場所と共にある音楽を続ける。


スッパマイクロパンチョップ
ミニシンセMC303を複数無同期即興演奏する、
電子スッパスタイルで出演。




メイン展覧会

『発信//板橋//2011 けしきをいきる』

2月26日(土)~3月27日(日)


配島伸彦の他

利部志穂
返町勝治
藤本壮介
船井美佐
屋代敏博
吉賀あさみ



ぜひ、『音楽室』がある日にお出かけ下さいな。



板橋区立美術館



img664_convert_20110218140048.jpg
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。