スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
儚さの透明度
2010年11月04日 (木) | 編集
art navigation vol.51



「儚い」モノへの情愛は何処から来るのでしょうか…



時間という残酷で優しい大河の流れに、変わっていくモノ。


ほんの些細な衝撃により次の瞬間には無惨にも壊れていくモノ。


人の心や肉体を含めた森羅万象。

世界の全てがそうである、とも言えますね…


目の前に確かに存在しているモノが失われてしまう恐怖は、
そのモノに愛情を持つことにより生じてしまいます。



でもやはり儚いモノは何とも言えない引力のある魅力を持ち、
惹かれてしまいます。


花は枯れてしまうから美しいのでしょう…


ガラスは割れやすいから綺麗だし。


人の気持ちも移っていく事を知っているからこそ、留めておきたい…



純粋で透明な儚さが身近に在ることは、
壊れやすい世界の中で、私達は生きていることを考えさせてくれる。



とても大切なことのような気がしてきます。



????????????+005_convert_20101102200840


????????????+006_convert_20101102200924


今回のお話の作品
(作家名)重弘弥生
スポンサーサイト
Copyright © artworks SALA. All Rights Reserved.
Powered by . / Template by sukechan. / Customize by Office [ti:].
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。